研究室紹介

ホーム > 研究室紹介 > 伊藤研究室

伊藤研究室

研究分野・キーワード:高分子成形加工・精密加工・マイクロ/ナノデバイス・高分子構造/物性・複合材料・ポリマーアロイ・ブレンド・コンポジット

我々の身の回りには,たくさんのプラスチック成形品が使われております。例えば,自動車のバンパーやバイクのボディ,スポーツ用品,家電製品や情報機器などにも多く使われています。また携帯電話のカバー,バックライト,コネクタや,液晶ディスプレィの光学フィルム,反射フィルムなどもプラスチック製品で作られています。

近年,これらのプラスチック製品の付加価値化,高機能化が要求されています。これらの要求を満たす一つのアプローチとして,マイクロスケールやナノスケールの超微細・精密加工技術が注目されています。これら基盤部材は,医療分野,情報通信分野,ロボット分野等へ幅広く適用され,マイクロ・ナノスケールでの精密成形加工の研究が行われています。

当研究室では,マイクロ・ナノスケールのプラスチック成形加工に着目し,超薄肉成形,マイクロ・ナノ表面構造体の成形,極微小成形,超精密成形,機能性複合材料加工などについて研究を行っております。さらに,マイクロスケールやナノスケールのプラスチック機械部品,光学素子などの高付加価値・高機能部材の開発を行っています。従来のプラスチック成形技術からのトップダウンアプローチと,高分子材料の自己分解,自己組織化,結晶化,分子配向などに着目したボトムアップアプローチとの融合化,複合化によって,様々な加工特性,構造形成と新たな物性発現,高分子デバイス化についても研究も行なっています。自動車,精密機械,光学素子,製造加工,化学などの各メーカーと最先端材料および成形加工技術に関する共同研究を積極的に行っています。

具体的な研究テーマの一部を列挙します。

  • マイクロ・ナノ加工システムの開発(微量特性評価,各種計測,数値解析など)
  • 新規光学デバイスのための微細表面加工技術(レンズ,偏光・干渉素子,反射防止機構など)
  • マイクロ・ナノ複合材料を用いた超精密基盤部材の開発(生体適合性,熱伝導性,放熱制御など)
  • 熱・UVナノインプリントによる新規機能性光学フィルムの開発
  • 高精細・微細構造体を有するプラスチックスの構造・物性解析
  • 自動車用プラスチック材料開発(繊維強化複合材料,反応性樹脂成形,LED用シリコーン材料など)
  • タフポリマーの研究・加工技術の開発