研究室紹介

ホーム > 研究室紹介 > 森・中林研究室

森・中林研究室

研究分野・キーワード:高分子合成、精密重合、有機・無機ハイブリッド、アミノ酸系高分子、光電子機能材料、ナノマテリアル

当研究室では「高分子の機能化」に重点を置き、合成化学の観点から高い付加価値を持つ新規高分子の設計、合成、特性評価を行っています。

現在取り組んでいる具体的なテーマを以下に示します。

1. 機能性高分子の精密合成と自己組織化による機能創出・材料創製

アミノ酸・イオン液体性・光電子機能性などを持つ様々な機能性高分子の精密合成を行っています。さらに、精密構造に基づくナノ粒子やナノファイバーなどのナノ構造体の形成、ナノ構造を利用した機能創出と材料創製に取り組んでいます。

2. 機能性シルセスキオキサン微粒子を基盤とした有機/無機ハイブリッド材料の開発

有機と無機が分子レベルで複合化され、多機能・多官能かつ均一ナノ構造を有するシルセスキオキサン「(R-SiO1.5)n」微粒子を用いた次世代有機/無機ハイブリッド材料の開発に取り組んでいます。

3. 新しい導電性高分子材料および光機能性高分子材料の開発

有機デバイス(有機薄膜太陽電池、発光性材料など)への応用を目指した導電性高分子材料の開発に取り組んでいます。さらに、光学デバイス(プラスチックレンズや光学センサなど)への応用を目指した高透明高分子材料の開発にも取り組んでいます。

興味のある方・詳細な研究内容を知りたい方は、研究室ホームページをご覧下さい。