研究室紹介

ホーム > 研究室紹介 > 福島研究室

福島研究室

研究分野・キーワード:生分解性ポリマー・バイオマテリアル・自己組織化・再生医療・高分子合成

当研究室では,組織再生医療への応用を目指し,生体内において様々な機能を発現しながら,一定期間後には分解・吸収され,再生組織に置き換わる,高機能生分解性バイオマテリアルの開発に取り組んでいます。その中心技術となる,様々な官能基を側鎖に導入した環状モノマーの合成と,有機触媒を用いたメタルフリーな精密重合技術は国内でもトップレベルにあります。さらに,側鎖の官能基の化学機能を利用するだけでなく,ブロック共重合体の精密合成とその配向化技術によって制御した,ナノ会合体の形状も活用し,細胞挙動(接着・分化・増殖・集合)を制御するナノ医療材料(ナノメディシン)の開発にも取り組み,多角的に再生治療を革新させる材料技術の確立を目指しています。

1)生体親和性・生分解性ポリマー

生分解性ポリカーボネートを中心として,様々な官能基を側鎖に導入し,血管再生や感染症対策に役立つ次世代医療材料を開発しています。学生はモノマー合成から行い,ポリマー合成後は細胞や細菌を扱う実験も行います。関連テーマとして,医学部との共同研究2件,スペイン・バスク大学との共同研究1件,民間企業との共同開発を3件行っています。

2)両親媒性・生分解性ブロックポリマーによる細胞挙動の制御

現在注目されている,欠損・病変組織を再生させる再生治療の普及と発展には,簡便に大量に数千万~数億の細胞からなる組織を構築させる技術が求められます。本研究では,自己組織化して様々な形状のナノ会合体を形成する生分解性ブロック共重合体を用いて「混ぜたらできる」任意の三次元組織構築技術を目指しています。

3)その他

  • 小規模グループですが,学内外の連携によって,合成以外に細菌や細胞を使った実験の他,動物実験による評価,シミュレーションなどが行える体制を整えています。
  • COIソフトバイオマテリアル研究センターのメンバーなので11号館の施設でも実験をしています。
  • 現在,福島助教は東京大学大学院新領域創成科学研究科 竹谷純一研究室の客員連携研究員も務めており,上記技術やナノバイオ材料の電子デバイスへの展開にも取り組んでいます。
  • 福島助教はまた,以前アメリカ企業で働いていた経験から,海外機関への学生の派遣や留学生・研究生の受け入れなど,豊富なネットワークを持っているのが強みです。
  • 工学的センスによる研究を行い,製品化を最終ゴールとしていますので,新技術は特許化し,民間企業との共同研究・開発は積極的に受け付けて実施しています。

【注意】当研究室では,ドラッグデリバリー(DDS)関連の研究は一切行いません。