研究室紹介

ホーム > 研究室紹介 > 岡田研究室

岡田研究室

研究分野・キーワード:共役化合物の合成、結晶、ナノ構造体、分子配列・配向制御、固相重合、光・電子機能材料

私達の研究室では、レーザー光信号のスイッチングやレーザー光の波長変換のために用いられる高機能性光材料(非線形光学材料)、および機能性導電材料の創製を主な目的として、共役化合物の分子設計および合成、固相重合による高分子の合成、高機能発現のための分子の配列・配向制御、得られた化合物の材料化(単結晶化、ポリマー化、ナノ構造体化など)、それらの構造評価、光・電子物性評価などを行っています。

具体例として、

1.分極した芳香族化合物の合成と物性評価

光情報処理に必要な光スイッチングに用いられる電気光学(EO)ポリマーを得るために、大きな分極構造を持つ新しい色素を合成し、色素の電場による配向とその固定化について検討します。また、レーザー光の波長変換により、まだ活用が進んでいないテラヘルツ波を効率よく発生できるイオン性芳香族色素結晶を作製します。さらに、有機太陽電池材料への可能性を探っています。

2.固相重合による高分子の合成と構造・物性評価

固相重合は結晶中で重合が進行する特異な反応です。種々の共役置換基が直結した共役アセチレン化合物の結晶を光や熱などで固相重合させることによって、新しい共役高分子を合成し、それらの光・電子特性を調べます。

3.ナノ構造体の構築と物性評価

様々な共役化合物について、サイズが1μm以下のナノ構造体を作製し、その構造を明らかにするとともに、共役ナノ構造に基づく興味深い光・電子特性を明らかにします。また、ナノ構造体の配向固定化による材料化を行います。

研究開発プロポーザルでは、関連化合物の合成実験のスキルと化合物の構造や物性に関する基礎的な知識の習得を目指します。