新着情報

ニュース

ホーム > ニュース《2016年》 > 【新聞記事】(日本経済新聞)時任研究室の松井弘之准教授に関する記事「文科省『卓越研究員』山形大から4人選出」が掲載されました。

ニュース《2016年》

【新聞記事】(日本経済新聞)時任研究室の松井弘之准教授に関する記事「文科省『卓越研究員』山形大から4人選出」が掲載されました。

2016/12/20

 山形大学は優秀な若手研究者を支援するため文科省が2016年度から始めた「卓越研究員」に4人が選ばれたと発表した。国立大学では東大(6人)、京大(5人)に次ぐ人数となる。

 卓越研究員は、不安定な任期付き雇用が増えている若手研究者に対し、安定した雇用と自由な研究環境を用意し、独創的な研究を後押しするために創設された制度。研究費などの補助金も受けられる。国立大学、国立研究開発法人、民間企業が対象で、全国で83人が決まった。

 山形大の4人のうち2人は10月採用で、松井弘之准教授は絆創膏(ばんそうこう)状の生体モニター開発、冨樫貴成助教はナノ材料(ナノは10億分の1)開発にあたる。

日本経済新聞(東北版)   2016年12月13日   火曜日

  • シェア
  • 送る

ニュース一覧へ